その昔くるたんだった人


PROFILE
くるたん
  • Author:くるたん





  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • さようらなこんにちわ(01/25)
  • 朝の(01/17)
  • 最近(01/13)
  • いまさらながら(01/10)
  • おんらいんげーむ リネージュ(01/10)


  • RECENT COMMENTS
  • akio(11/10)
  • hanae(10/23)
  • 松本(08/16)
  • 伊藤(05/04)
  • イミュージ(04/08)
  • 梅宮辰夫(03/08)
  • 山田 貴美子(02/28)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (6)
  • 2005年06月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (5)
  • りある (12)
  • Lineage (1)


  • LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    この前初めて
    2ch見てるコなら知ってるだろうネタを
    久しぶりに引用してリアルネタを書いてみる。



    この前「泣ける2ちゃんねるⅡ」って本を見つけたんですよ、初めてね。

    で、生まれて初めて1時間も立ち読みしたわけですわ。


    正直最初はそうそう簡単に泣けるわけねーだろと思ってたのよ。

    みんな普通に買ってたしね。


    あのね、俺が間違ってたよ。あれは人が読めるもんじゃない。

    神だね、神が読むものだよ。


    最初読み始めたばかりの時ですらさ、グッとくるものがあって

    いい年ぶっこいて既に目には涙とか溜まっちゃって

    必死で周りに立ち読みで涙してるなんて悟られないように堪えたのよ

    10秒くらいかけてね。


    でなんか読むのが止まらなくなったのさ。

    そしたら周り見ると椅子とか置いてあるの立ち読みする人用に。


    同じ過ちを2度繰り返さないのが俺よ。


    だから読んだのさ。えぇ、そりゃ読みましたとも。

    全てを忘れて読んだよ。休日の午後で若干混みあってる本屋とか

    美容院を予約しているとか、腹筋したら筋肉痛になったとか

    色々忘れてね。

    だって立ち読みする人用に椅子が置いてあるんだからね。


    そしたらエライ事になった。


    もうすごい号泣。鼻水とか垂れ流してるの。

    終いにゃ声まで出そうかって勢い。

    それで横見たら同じく椅子に座って本読んでるツレがすごい勢いで俺の事見てんの。

    ホントごめんなさい。


    正直「泣ける2ちゃんねるⅡなんぞ買うまでもなく立ち読みでOK」

    なんて見栄張らない素直に買えばよかったと思ったよ。

    心の底から立ち読みしたことを後悔したね。


    でも、本屋出てツレに「まぁまぁ面白かったよ 一応買ってみた」

    とか言っちゃってんの。


    ホント俺ってダメ人間。

    おまぃらも読んでみるといいよ。
    スポンサーサイト

    【2005/07/19 07:07】 りある | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    この記事に対するコメント
    ようするに
    くるたんは泣き虫でOK
    【2005/07/21 12:28】 URL | キルリ #-[ 編集]


    リンクしてもらったばっかだけどURLかわったー
    http://yaplog.jp/surf-blue/です。
    【2005/07/22 02:34】 URL | 海稀 #wC9lkPKg[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。